Q。 結婚相談所を利用する理由は?

A。 結婚相談所をなぜ利用するのでしょうか?
結婚相談所は身元が確実な人同士の出会いです。
学生時代には簡単に紹介してもらえるし、簡単に紹介をするけど
成人になってからは誰かを簡単に紹介し、簡単に紹介してもらうことが難しいのが現実です。
なぜなら。 もしうまくいかなかったら紹介してくれた人もすごく気まずい思いをするからです。
しかし、結婚情報会社は身元が確実な人同士で会い、単に面白半分で楽しもうと会うのではなく、
結婚を前提に会うことができます。
そして紹介をしてくれたり、紹介を受けたりすることが全然負担になりません。

アプリを通じて会うと。
女性でも男性でもいくらでも自分たちのプロフィールに関して嘘をつくことができます。
その人が監獄に行ってきた前科者なのか、
すでに結婚していた人なのかすら全く知らずに会う事も多々あると思います。
前科者が悪いという話ではありませんが、重要なのはこれを事前に知って会うか、
知らずに会うかでは違いがあります

もし人に会う時、その人の身元について知らずに会うことになったら。
恋をして、長い時間を一緒に過ごして結婚を考えるようになったとき、
結婚式直前や直後に相手の配偶者の嘘を知ったらあなたはその結婚を進めますか?

質問! お答えします!

-GMKでは

1、健康診断書、犯罪経歴証明書、戸籍謄本(現在未婚であるか、離婚歴の確認)、
在職証明書 を相手の国の言語へ翻訳、公証まで完了すれば、会員登録完了となります。
(韓国人男性会員、日本人女性会員、共通の条件です)
2.双方の身元が明確な状態で初対面は、スカイプを通じたビデオ通話
(日韓両方の職員が参加し通訳をサポート)
韓国人男性が、東京へ出国。
会員登録時に提出した身元確認書類を持参し、初対面(所有時間約30分~1時間程)
(日韓両方の職員が参加し、通訳をサポート)
3.日本と韓国、双方のスタッフが参加し、男性の身元を全て把握してから、
お見合いをするので気軽で安全なシステム 。
4.遊び目的ではなく、結婚を目標とする真剣で丁寧な韓国人男性と出会う事ができる。

プロモーション
* 地方在住の日本人女性会員は東京行き往復航空券及びホテル1泊(3つ星級)を無料サポート。

A。
1.韓国人男性と初めて会う時、日本人と韓国人職員が同行します。
通訳とお互いが和やかな雰囲気で過ごせるように、サポートをしてくれます。
男性が韓国に帰国した後はラインを利用してお互いやり取りをしてください☺

2.ラインには、ライン翻訳アプリがあります。ラインアプリ翻訳サービスを利用すると、
翻訳機を利用せずとも、日本の女性は日本語で、
韓国人は韓国語で文字を書くと自動的に翻訳されます。
日本語は韓国語に、韓国語は日本語に翻訳してくれます。

3.交際中に男性の同意を得れば、
日本女性は、
GMK(グッドモーニング)が提供するオンラインの韓国語の授業(週に3回1時間ずつ)
を無料で受けることができます!(授業料は男性側負担)

4.韓国語と日本語は語順が同じで、日本語と似ている韓国語がとても多いです。
そして韓国語には漢字がありません。
韓国人も日本語を覚えやすいといいますが、
それよりも日本人が韓国語を覚えることの方がはるかに簡単だと思います。

5. 私たちが日常的に生活する時に使う単語は数百種類ほどです。
外国語を学ぶ時は単語が一番重要だという言葉もあります。

韓国人男性によっても様々ですが、
ほとんどの韓国人男性が日本語を学ぼうとする誠意を見せてくれます。

一緒に勉強し合いながら
お互いを支え合っていきましょう☆

質問! お答えします!

A。GMKに報告していただければ、相手の男性も同意し、韓国GMK本社と追加契約サービスを結んだ後、
日本人女性にオンライン韓国語授業を無料で行います。(週に3回/1時間ずつ) 
+
韓国人男性が住んでいる家の訪問と旅行。
韓国への往復航空券(韓国での宿泊費はご本人負担。)
韓国人と結婚して韓国に住んでいる日本人女性通訳も一緒に同行可能(2日間)
+
その後、晴れて”結婚”となった後も
結婚ビザ代行手続きは、無料サポート!
(日本人女性側の書類発行手数料はご本人負担。)

A。すでに日本の若い女性たちは外国の多様な文化に触れたがる人が多く、
韓国人男性に出会って韓国に移住して暮らしている人たちがたくさんいます。

韓国統計庁の資料によりますと、韓国人男性と日本人女性が国際結婚をする件数は、
毎年800〜900カップルにもなります。

InstagramやTwitterを見ても、その事実をたくさん確認できると思います。

韓国で暮らすには経済的な部分が重要でしょう。
そもそもお見合いを進める時、
GMKでは、男性の経済的な部分までもきちんと把握します。
韓国人男性に、日本人の奥さんに財布の紐を預けるかどうか確認します。

高所得者の場合は、その収入のすべて日本の奥さんに任せることができないので、
生活費を毎月きちんと支給するのかどうかも事前に確認をします。

男性の月給は 日本円で30万円〜50万円ほどです。

韓国に嫁いできた日本人女性は、専業主婦として暮らす人もいますが、
生活費に困っていなくても共働きで働く家庭もあります。

韓国で日本人女性ができることは、
すでに韓国で暮らしている日本人を相手としたオンライン販売、
または韓国人を相手に日本語オンライン授業などがあります。

韓国での最低時給は962円程度(2023年基準)。通常は、
時給1,000円~13,000円程度(業種によって違う)です。

そして韓国の男性は、両親と同居することが多々ありますが、
これは日本の文化と合わないので、
事前に男性側に確認しなければいけない重要事項です。
その内容を把握し、日本の女性会員には、事実のままにお伝えいたします。